あしたはあしたのかぜがふく

好きなことだけで生きていく 37歳独身女の本音日記

ヨシタケシンスケさんの絵本がおもしろい

 

f:id:saisakura:20170913091536j:plain

 

ヨシタケシンスケさんをご存知でしょうか。イラストレーターで絵本作家の方なのですが、この方の絵本が、おもしろくてかわいくてたいへん気に入っています。

 

◆タイトルがおもしろい

 

まず、この方の絵本はタイトルがおもしろいです。上の画像に使わせていただいた「ふまんがあります」も絵本のタイトルです。本屋さんを徘徊していると、パッと目を引くんですよね。

 

このお話は、子どもからみた、「大人ってずるい!」ということに対して、大人が一生けんめい言い訳を展開していくという内容です。

 

この「りんごかもしれない」というタイトルもドキッとしますね。かもしれない、ってじゃあなんなんだー?と思わず手に取りました。 はじめて読んだヨシタケシンスケさんの絵本です。この本で、MOE絵本屋さん大賞第1位を受賞されています。

りんごかもしれない

りんごかもしれない

 

 

これもかわいいですね。「なつみはなんにでもなれる」。子どもってこういうこと言うんですよね。内容もかわいらしい。

なつみはなんにでもなれる

なつみはなんにでもなれる

 

 

これも好きです。「もうぬげない」。子どもが服を脱ぐときって、こういう感じになりますねぇ。頭が大きいから、袖から腕は抜けてるのに、なかなかぜんぶ脱げないの。「ああ、こういうのあるある」というところが、大人の心をくすぐります。

もう ぬげない

もう ぬげない

 

 

 

◆絵がかわいい

 

かわいいです。誰の絵にも似てない。ほっこりする絵です。そしてまた、このタイトルもいいですねー。

つまんない つまんない (MOEのえほん)

つまんない つまんない (MOEのえほん)

 

 

f:id:saisakura:20170913092930j:plain

勝手に画像拝借しました。

 

作家山崎ナオコーラさんのエッセイの絵も描かれています。絵を見て、これは!と思ってぱっと手に取りましたね。 

母ではなくて、親になる

母ではなくて、親になる

 

 

 

◆子どものことをよくみてるなー

 

独特の視点で、子どものことをよく見てるなーと思います。この絵本は、お父さんの視点で見た子育ての本なのですが、本当に子育てをした人じゃないと書けないです。実際、2人のお子さんのお父さんなんだそうですよ。

 

ヨチヨチ父 とまどう日々

ヨチヨチ父 とまどう日々

 

 

ヨシタケシンスケさんについては、公式ページがあるので、そちらでプロフィールなどを確認できます。絵本に登場する子たちのグッズなどもありますよ。

ヨシタケシンスケページ

 

 

◆大人向けの絵本

 

大人が楽しめる絵本だと思います。この絵本の中で繰り広げられる、子どもの行動とか話すことだとか、大人とのやり取りに、思わず笑ったりほっこりしたりします。私は、「なつみはなんにでもなれる」を書店で立ち読みしたとき、一人でしたし、周りに他のお客さんもいましたが、思いきり笑顔になりました。いいもの読んだなーと思って、会社に行ったのを覚えています。

 

今回ここで紹介した本は、全部ほしいです、自分のために。赤ちゃんの誕生祝いに、絵本をプレゼンとする人もいるかと思いますが、赤ちゃんへの絵本のほかに、お母さんお父さんにこのヨシタケシンスケさんの絵本をプレゼントするのも良いのではないでしょうか。まず、本屋さんで立ち読みしてみてください。

 

私の友人も今月出産するので、この中からどれかを友人にプレゼントしようと思っています。

 

f:id:saisakura:20170913094721j:plain

 

 

 

 

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 30代おひとりさまへ  

【スポンサーリンク】