あしたはあしたのかぜがふく

心の声に従って生きるアラフォーのなんでも本音日記

日常からちょっと外に出るだけで世界が変わる

地域のイベント情報が載っているサイトで

 

500円の「朝活」というのが開催されると知り

 

何かデカいことをしたいと思っている私は

 

とりあえず行ってきました。

 

 

内容はこんな感じ↓(勝手に転載しました;岡本さんすいません)

-----------------------------------------

あなたの「達成したい目標」「変えたい現状」をお持ち寄りください。

そのテーマを基にしたアイデア出しを行います(^o^)/

ブレインストーミングを促進するツールを用い、

あなたの現状を変える大量のアイデアをみんなで創り出します。

 

・目標は分かっているけど、何から始めたらいいか分からない!

・突破口を見出せずに、行き詰っている!

・理想的(アイディアル)な、自分に成るための第一歩を踏み出したい!

 

そんなあなたへ、知恵を出し合う仲間が集結します。

 

《こんな方にオススメです!》

・現状を変えるためのたくさんのアイデアが欲しい方。

・ブレストを通じて、思考を深めたり、脳を活性化させたい方。

・応援し合える仲間と出会いたい方。

・朝の時間を有効活用したい方。

・朝活に関心がある方(初参加の方も大歓迎です!)。

-----------------------------------------

 

7:00からカフェに集まり、「はじめまして」からの1時間。

 

参加者は主催者と私を含めて女性二人。

(あと二人参加予定のはずがドタキャン)

 

 

目標を一つ、紙の真ん中に書いて

 

それを達成するためにどんなアイディアがあるか

 

他の人たちも含めて紙に書いていきます。

 

 

その紙に書いていく方法というのが

 

まず一人が30秒でアイディアを書いて

 

時間切れになったら次の人に紙を回して

 

次の人が30秒でアイディアを書き足していくというやり方。

(その間他の人は待ちぼうけ)

 

 

 

私は目標を「資産を増やす(5年で1000万円)」にしました。

 

他の方は「時間を有効に使う」とか「早く起きる」とか。

 

 

人の目標には気楽に好き勝手にアイディア出せました。

 

「時間を有効に使う」という目標に

 

「誰かに時間管理してもらえ」と

 

まったく無責任なことを言ってみたり

 

「早く起きる」という目標に

 

「早く寝ろ」とあたりまえのことを言ってみたり。

 

 

一人の目標に対して10分という時間が与えられているので

 

紙は6周するわけです。

 

もう最後の方は書くこともなくなるんですけど

 

10分て結構長いもんだなーと思いました。

 

ネットなんかやってたらあっという間なのにね。

 

 

で、まあ私の「5年で1000万円」という目標には

 

「使い道を明確に」とか「お金持ちにアドバイスをもらえ」

 

とか「そうだよね~」と納得できるアイディアを

 

いただきました。

 

(なんで資産を増やしたいのか、というところは追々書きますね)

 

 

日頃自分の頭の中だけで考えてばかりですが

 

こうして他の人の考えからヒントをいただくというのは

 

新鮮だなと思いましたね。

 

しかも相手は知らない人だから

 

「お前に言われたくないわ」

 

という感情が起こらない。

 

会社の人になんか言われたら腹立ちますけどね。

 

 

この「朝活」にはまったく期待してなかったのですが

 

初対面の人と話をしていく中で

 

自分がしてきたこと、できること、これからしたいこと、が

 

クリアになっていく気がしました。

 

 

生活や人生に変化をもたらせようとして

 

会社を辞めたり、引っ越したりとか

 

特別大きなことをしようとしなくても

 

こうしてふだんの生活から

 

ちょっとだけ外に目を向けて動いてみることで

 

風が変わるんだなと感じて妙にすがすがしい気分です。

 

ちょっと違うな、と思ったら

 

やめればいいわけですし。

 

 

もう一人の参加者の女性は私と同じ名字の方で

 

持っていらした手帳は奥平亜美衣さんの「引き寄せ手帳」で

 

この手帳は私も持っているので

 

共通項が見つかって話も弾みました。

 

 

最後に私のプライベート名刺をお渡ししたところ

 

お二人とも

 

「趣味:タロット占い」

 

に食いついてくださり「占ってほしい!」

 

と言われました。。

 

なんか近々タロットをやるために

 

またお会いすることになりそうです。

 

 

タロットができるようになった経緯についてはまたこんど。

【スポンサードリンク】