あしたはあしたのかぜがふく

37才。気まぐれに自由に人生を楽しむ日々の記録。

◆啖呵切って退職 → 転職 → 部署閉鎖

大っきらいな女と働くのがイヤで

嫌なもんは嫌じゃー、と

前職を辞めて転職したわけですが

※参考⇒◆私この人と働くの嫌だから仕事辞めるわ

なんとこのたび

私のいる営業所が

閉鎖することになりました。

・・・

ウケる~

でしょ?

暴れまくって辞めた結果

1年足らずでこのありさ

因果応報と人は言うかもしれません

ホレ見たことかと言うかもしれません

私が逆の立場だったら言いますね。

ざまみろ、と。

でもそんなの屁でもない。

だって

だって

私は閉鎖を願ってましたから!!!

なんかですね

「うちに来てよ~」と言われて

取引先に転職したのですが

仕事内容がパッとしなかったわけです。

効率悪いし、やり方下手だし

なんだこの仕事??と思っていたわけです。

なんだか雰囲気も良くないので

いよいよまた辞めたい病が始まったのですが

声をかけてくれた方の顔をつぶすことはできないですから

だまーって、おとなしくしておりました。

そこへ

「コストカットでうちの部署がなくなるかもしれない」

との話が上層部から降りてきました。

お?

そこから私の祈りの始まりです。

祈り、というかもう閉鎖するもんだ、という前提で過ごしました。

何かあっても

「まあいっかあと○ヶ月だし」

怒られても

「まあいっかあと○ヶ月だし」

仕事したくなくても

「まあいっかあと○ヶ月だし」

と、なにもまだ決まっていないのに

すでにそうあるかのように振る舞っていたわけです(脳内で)。

これは願いをかなえる時のコツですよね。

そしたら、来ましたー!

「○月で閉鎖することになったから」という

上司からの告知。

はい、知ってますー。

というわけで、現在社内ニートです。

どこかに異動することになるんですけど

いろいろバタバタしているので

とりあえず会社行ってネットして遊んでます。

人から見たら不幸そうなことでも

当人はこんなふうに思ってたりしますからね。

今回はむしろ望んでましたからね。

何がいいか悪いかなんて

わからないものです。

「閉鎖」という状況を

①進路が行き止まりになったということは、もうここにいなくてもいいということだ。

と、とらえるか

②もっといい部署に行けるってことなんだ!ラッキー♪

と、とらえるかで

変わってきますよね。

私は最初は、

「好きなことだけしていくチャンスを与えられたんだ」

「天のさいはいは素晴らしい!」

とか思ってたんですけれど

私の好きなことって何?

ゴロゴロすること

じゃあ退職

お金どうすんの?

やっぱ働かなきゃ!

という思考が勝ちまして

この会社に残るなら、出世しよう!正社員になろう、と

思ったのであります。

最近のスピリチュアルとか自己啓発系の人たちは

お金なんて気にしないで好きなことを!

という傾向だと思うので、ブログとか見てると流されるんですけど

まだ踏ん切りがつかないですね。

だって働きたくないからって

貯金切り崩すことは

「好きなこと」ではないから。

異動先は天に任せて

私はのんびり遊んでるとしましょうかね。

なにせ、世界はいつも「完璧」ですから。

【スポンサーリンク】