読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

あしたはあしたのかぜがふく

37才。気まぐれに自由に人生を楽しむ日々の記録。

◆私ができることってなに?

友人と話していて

私が商いに向いているという話になりました。

※参考⇒◆同じメッセージがやってきて

「何かやりたいけど、何ができるのかわからない」

と言ったところ

彼に

「自分ができることを書き出してみればいい」

と返されました。

それはもうやってるんだよね。

※参考⇒◆よそ見をしない。置かれた場所で咲く。

接客

電話応対

レジ打ち

文章を書くこと

研修講師

タロット占い

で、忘れてたのは

精神世界や心理学のこと。

誰にも頼まれてないけれど

時間があれば精神世界の本を読み

ブログを読み漁り

だいたいのことはわかったつもりです。

きっかけは

「何のために生きているんだろう」

という悩みから始まったことですが

どんどんのめり込んで行って

好きになりました。

好きだからハマったともいえます。

でもそれは結局

自分を癒したくてやってたことだから

それを商売にしたいとは思ってなくて

私が誰かを助けたいと思えば

助けてもらわなければならない人を創ってしまうわけで

それもどうかなと思っていました。

でも、心理学を学ぶために大学に編入しようと思ったし

心理カウンセラーの資格を取りたいとも思ったし

シータヒーリングやヒプノセラピーもやってみたいと思ったし

おばさんになったら占い師になるかもとも思ったし

やっぱり私のやりたいことは

ヒーラー的なことなのかなと

最近思い始めています。

とある占いで視てもらった時に

「あなたは人の魂に光を与えるのが使命です」

とも言われました。

シャーマン体質なんだそうです。

霊感も霊能力もありませんが。

※参考⇒◆趣味の話 タロット占いができるようになった

巫女になりたくて

高校を卒業する時に神社から求人が来た時には

本気で迷いましたし

ひいばあちゃんは「視える人」で

そういう世界のことは家では語り継がれてきて

小さい頃から信じてました。

(ひいばあちゃんと血は繋がってないらしいですが)

本業は今の会社に置いて

余力でその方向のことをやろうかなと

自分が癒されるのではなく

癒す側になる時がきたのかなと

そんなことを思っています。