読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

あしたはあしたのかぜがふく

37才。気まぐれに自由に人生を楽しむ日々の記録。

【レイキ8日目】天からのメッセンジャー登場

いつものようにセルフヒーリングを2セット。

そういえば、ヒーラーをやることを神さまにご挨拶していなかったな、

だからレイキも流れにくいのかなと思い、氏神様にお参りに。

前の部署に戻れるか?戻りたい、でもヒーラーはどうする?と

もやもやしていたのでおみくじを引いた。

「あせらず騒がず静かに身を守って進むべきときに進んで何事も

成就すべし」とあり納得。両方叶う。

今年はとにかく「騒ぐな」と言われている。

大丈夫。私が手を出さなくても、神さまがうまく采配してくれる。

帰りに本屋でオラクルカードを買おうと思っていろいろみていたら、

知らないおばあさんに「いいタロットありますか」とか

「タロット習いに行ったけど解釈がよくわからないんですよね」とか話しかけられた。

講座で教わったことを調子に乗ってしゃべっていたら、

なんか気に入られてお茶に誘われ

悪そうな人じゃなかったし、ここから何か縁が繋がるかもーと思って名刺を渡し、

エンジェルタロットを買って喫茶店に行った。

私は、そのおばあさんはタロットをやりたい人なんだと思って、

何かアドバイスできるかなと思ってたら、

「最近、孤独でね」みたいな話で、要領の得ない話を延々とするので、

「話を聞く役をするだけでこの人の役に立てるならいっかー」と思い話を聞き続け、

話の流れでカードを引いたら、「先延ばしにしていることをやる時がきました」という

メッセージが出たのでそれを伝えた。

そうしたら、「それ最近別の人にも言われた」とのこと。

何のことかと聞いたら「特殊な仕事よ。なんだと思う?霊感なの」とおっしゃる。

よくよく聞くと、若い頃から霊感のようなものでその人に必要なメッセージが勝手に

口から出てくるそうで、逸話が出てくる出てくる。

それで、お寺関係の人から、電話相談をやらないかと打診がきているのだそう。

神さまの声も聞こえるそう。

つまるところ、こっち側の人だった。

私のガイドさん達が、前の部署に戻れるんじゃないか?とか惑っている私に、

こっちの道ですよとメッセンジャーを連れてきたってことだなーと思って、

こんなふうに見せてくれるのかと驚きしきり。

そのおばあさんは、なんかしらないけど私のことが気になったので声かけたそうで、

別にタロットがどうのこうのは話しかけるきっかけだったそうです。

そのおばあさんには、「お役目がきてるのでやったらいいと思います。

じゃなきゃ私に会いませんよ」と伝えた。

納得してない風だったので、最後に一枚カードを引き、解説書を読んでいたら、

鏡の光の反射のせいではあるものの、解説書に虹が映ったので、

ゴーサインだともう一度伝え、私に必要なメッセージも伺って帰ってきた。

結婚はしないっぽい。とにかくお客さんを増やすことね、と言われた。

というわけで、昨日から「なんなんでしょうこの展開は?」ということが続き、

いい意味で頭がくらくらする。

夜、寝入りばなに「待て」という男の人の声が聞こえた。

ヒーラーのことではなくて、今やってる仕事のことだとわかった。

せっかちな私に何度でもメッセージがやってくる。

ついに耳で聴こえた。

ここ最近の怒涛の流れに動揺が隠しきれない。

大好きな世界のことだけれど、

たまに頭がおかしくなったのではないか、とも思う。

エネルギーを消耗して

ヨガに行っても落ちない体重が、1キロ減っていた。