あしたはあしたのかぜがふく

会社を辞めて好きなことだけで生きるあらふぉーの部屋

自分の器に見合った働き方で稼げるだけ稼げばいい

 

 

今年の住民税が確定した。去年より4,000円も下がった。すばらしい!

 

 

まあ、すばらしいといっても、2016年度の年収が下がったから、それに応じて住民税も下がったということなんだけれども。実は、年収は下がったけど、前々年度より、貯金は増えてる。

 

 

なぜかっていうと、年収が上がれば、保険料や税金の率も上がり、ストレスも溜まり、発散するためにお金を使うから。会社組織で働いている私の場合。そうじゃない人もいるだろうと思う、もちろん。

 

 

年収が上がっても、それに適応できる強靭なメンタルを持っている人はそれでいい。私は違ったんだな。お金は大好きだけれども、キャパが小さいから、そんなにたくさん働けなくて、結局ストレス溜めてつぶれる。

 

 

強靭なメンタルの「稼げる人」からは、どんどん税金なり保険料なりを取っていただければよい。私は、私の器に見合った働き方で稼げるだけ稼いで、見合った分を国に納める。

 

 

私が会社組織で最低限のストレスなく稼げるのは、月25万まで。月30万になると崩壊する。

 

 

稼げる人は稼げばいいし、産める人は産めばいい。

 

 

急に「産む」話も混ざってきたけど、私は常々こう思っていて。みんながみんな同じことをする必要はなくて、その人の素質に合ったことをするのがいいと思ってる。

 

 

やりたくないことをやる必要はなくて、やりたいことをやってればいい。やりたいことをやってお金にならないなら、お金がある人からもらえばいい。国ににはそういう制度だってある。

 

 

 

 

 

堀江さんのこの本には、そういうことが書いてあって大変おもしろかった。組織にしがみついている時代は終わったって。そうなんだよ、ってことで私も仕事辞める。

 

 

 

www.shimareiko.club

 

 

住民税も下がったことだし、退職後の生活の不安も軽減されてきた。まだ会社には言っていないけど、退職後のお金の計画はばっちり立ててある。貯金を崩すことなく、生きていけるから大丈夫。国から失業保険という名のお金をもらう。

 

 

10年働いたから、4か月は失業保険で休める計算になる。

少しゆっくりして、それから先のことを考えよう。

 

 

忘れてたけど、そういえば、私、使ってないけど保育士の資格も持ってるんだっけ。給料が低いとかいう理由で、保育士にはならなかったけど、意外と収入って少なくても、控除される額も少なくなるから、生活できるんだよね。

 

 

ほら、仕事ならなんとでもなる。

おもしろいことしよう。

 

 

 

 

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 30代おひとりさまへ 

【スポンサーリンク】