あしたはあしたのかぜがふく

会社を辞めて好きなことだけで生きるあらふぉーの部屋

仕事ができるかできないかではなく、「おだやか」であるかどうか

 

◆黒いものが渦巻く人事異動

 

チームのリーダーが、別部署に異動することになった。実質「飛ばされた」ということになる。しかし、突然の多い会社である。私たちは、所詮「駒」だから仕方ない。

 

今回のこの人事、もともと本人も異動を希望していたので、「望みが叶ってよかったね」で終わりそうなところだが、それよりも、今回の人事の背景には、部下の不満が大きく影響している。黒いものが渦巻いている人事である。

 

 

◆仕事はできるのに人間性がよろしくなくて飛ばされた

 

このリーダー、仕事はできるし、きちっとこなすし、頭もいいのだけれど、ものの言い方が冷たく、できない人の心がわからない。ちょっとでも相手が話を理解していないとわかると、露骨に「あんた何言ってんの?」という顔をする。まるで、数年前までの私のようである。

 

そう。私は自分を見ているようだったので、この人とかかわること自体を嫌だと思ったわけではなかったけれど、とにかくこの人に指導された人は、突然会社に来なくなるのである。同僚でも長年この人に対する不満を貯めていた人がたくさんいたらしい。さらに上の管理職が彼に注意をしたことが何度もあるけれど、全然直らない。

 

先日また、「あの人が嫌なので辞めます」という人が出て、会社が動いた。体裁の良いそれらしい役職をつけて、「あなたでなければできない」というようなうまいことを言って、特命係長とでも言わんばかりにおだてて、高い高い木に登らせて「飛ばした」。

 

本人はウハウハである。「俺は認められて異動するんだ」と豪語している。何も知らずに。まことしやかに、残酷だと思う。知らないということはおそろしい。だがしかし、知らないほうが、しあわせということもある。これで両者WINWINの結果になったのだから。

 

 

◆仕事ができるとかできないではなく、「おだやか」かどうかが大事

 

今回の人事で改めて思ったのは、「仕事ができるとかできないではなく、おだやかかどうか」だということだ。仕事ができるに越したことはないけれど、その前にその人と仕事をしたいと思ってもらえるかどうかである。

 

小林正観の著書「宇宙を貫く幸せの法則」に、このような言葉がある。

 

高級とか一流と言われるものに共通しているのは、「マイルド」であるということに行きつきます。
宇宙の中で優れたものになるということは「マイルド」になっていくということなのかもしれません。

人間も、怒鳴って怒ってすごい気迫を発しているという状態から、 穏(おだ)やかな方向へ向っていくこと、「マイルド」になっていくことが、 人格が上がっていくことなのでしょう。

 

本当にその通りだと思う。誰も、怒ってピリピリしている人に、わざわざ近づいていこうと思わない。周りの人を見渡してみても、たくさん仕事を抱えてイライラしている人よりも、仕事を頼んで手伝ってもらって、自分は穏やかにニコニコとしている人のほうが、出世している。

 

手前味噌だが、私の祖父は「おだやか」の極みであった。怒ったところを見たことがない。小学校の教員で、校長も教育委員長も務めた。天皇陛下から勲章ももらった。いつも「先生、先生」と慕ってくれる部下がいて、慕ってくれる教え子がいた。

 

校長先生でありながら、天然ボケをかましていて、遠足の日を間違えてほかの先生が迎えに来なければならなかったりするので、会合の時は必ず先生仲間が車で送り迎えをしてくれた。うるさいことを言わず、おだやかにしているので、みんなが助けてくれた。人事交渉も得意だった。策を練るとかではなく、まっすぐにおだやかな人柄がそうさせた。

 

怒るなと言っているわけではない。怒りたい時は、人に見られないところで怒りを発散すればいい。ノートに書くとか、トイレで独り言を言うとか、布団に入って叫ぶとか。と、数年前の私に言いたい。

 

じいちゃんは、たくさんの趣味を持っていて、それに没頭することでストレスを発散させていたのだと思う。我慢していたことは、たくさんあったはずだ。どう思っていたのか、もう、聞くことはできないけれど。

 

 

◆「後半生はおだやかに生きる」と決めた

 

私は、数年前まで、今回飛ばされたリーダーのように仕事をしていて、後輩に「退職する」と言わせてしまった。その時に、もう私の中にある怒りの連鎖を止めないといけないと思った。辞めるという後輩の後任が、私が大嫌いな人だったので、それを理由に私が部署を離れることになった。辞めるといった後輩は、私が部署を離れることになったので、退職するのを辞めた。

 

怒りを身にまとって仕事をし続けた結果、自ら飛ばざるを得なくなったのである。今回のリーダーと同じだ。自ら飛んだか、誰かに飛ばされたか、の違いで。

 

その時に怒りのエネルギーを出し尽くし、かなり消耗してしまったので(怒ることはつかれるのだ)、後半生はおだやかに生きようと決めた。まずは、会社での人あたりをよくするようにした。仕事の成果は二の次である。頑張ろうとすればするほど、神経がピリピリするので、適度に力を抜いている。

 

仕事ができても、できなくても、私が私であることには変わりない。そう思ったら、腹の立つこともたいしてないのである。明日は我が身。また、飛ぶとか飛ばされるとかということにならないよう、「おだやかに」を肝に銘じておく。じいちゃんの血が入っているんだから、できなくはないだろう。

 

 

宇宙を貫く幸せの法則

宇宙を貫く幸せの法則

 

 

  

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 30代おひとりさまへ 

【スポンサーリンク】