あしたはあしたのかぜがふく

会社を辞めて好きなことだけで生きるあらふぉーの部屋

ミスチル25周年ライブ@札幌ドーム 曲ごとの感想 完全ネタバレ③

f:id:saisakura:20170618004542j:plain

 

 

いろいろなことがあるけれど、

www.shimareiko.club

 

中途半端になっているミスチルライブの感想を書き終えておこう。 

www.shimareiko.club

 

ライブ前半の曲の感想はこちら↓

www.shimareiko.club

 

【前半の記事に書いた曲】

CENTER OF UNIVERSE
箒星
シーソーゲーム ~勇敢な恋の歌~
GIFT
君が好き
ヒカリノアトリエ
CROSS ROAD
innocent world
Tomorrow never knows
ーーこれ以降、曲順の記憶があいまいーー
車の中でかくれてキスをしよう
思春期の夏 ~君との恋が今も牧場に~
抱きしめたい
ランニングハイ
youthful days
ニシエヒガシエ
名もなき詩

 

それでは、続きをスタート!

 

Any

「今僕のいる場所が 望んだものと違っても 間違いじゃない きっと答えはひとつじゃない~」という歌詞が響く。そうそう。会社を辞めたいと思ったけど、そうしなかったことも、間違いじゃないよね、と勝手に納得していた。(ま、最終的に望みはかなうんだけど)


桜井さんとサニーさんの「One for all,All for One」のコーラスからスタート。これもやっちゃいます~??とまた唸る。「掌に~」という歌い始めのところで、会場のみんんながじぶんの手を上にかざしてるのが印象的だった。この歌詞がきたら、こういうリアクションをする、というのがばっちり頭に入ってる。やっぱり、アリーナって、ファンクラブの人が多いのかな?


1999年、夏、沖縄

MCでこの曲をやるんだというのがわかった。好きな歌なのでうれしい。アコギと桜井さんの歌声がばっちり合う。音が少ない中で桜井さんの歌を聞くと、ほんとにうまいなーと思う。もうそろそろ、アコースティックライブとかやってほしいもんだ。(そうしたら、ソロライブになっちゃうか。桜井さんは、一人はさみしくて耐えられないな、きっと。ま、JENは毎回バックステージにいるだろうけど。付き人のように笑)

 

曲の途中にMCが入って、桜井さんが今までのMr.Childrenを振り返る。「ファンは離れていくものだと思ってた」とか、なんか悲しい感じになっちゃって、「解散します」とも言いそうなくらいの、集大成なよくできたMCにちょっと泣きそうになる。


himawari

新曲。初めて聞いた。けど、歌詞知らないし、歌詞聞き取れないし、よくわからなかった。ミスチルっぽいメロディ。ミスチルはさ、「歌詞」で聞かせてるからさ、歌詞知らないとね、面白みに欠けるよね。


足音~Be strong~

これももうやっちゃう?という感じ。ほんとに、これでもかなラインナップ。「誰にだって心折れそうな日はある もうだめだって思えてきても大丈夫 きっと強くなっていける」というところが響く。やりたくない明日の仕事を思い浮かべて、「みんなもやりたくないことぐらいあるよね」とまた、なんとなく自分を納得させる。


こんな風にひどく蒸し暑い日

あ、これやっちゃう?という感じ。実はあまり好きではない。2回くらいしか聞いたことがない。なんだっけ?「君が好き」のカップリングだっただろうか?その記憶もあいまい。たぶん、座ったと思う、この曲は。


ーーこれ以降、曲順はたぶん合ってると思うーー


Dance Dance Dance

ライブの定番。「Printing」のカシャ、カシャ、という音で、「Dance Dance Danceだ~!」と叫んだ。けど、まだやるかー、この曲。もう、毎回のライブでやったんじゃないか?と思うほどやってるよね。お決まりの「give me love,give you up,give you one ture~」(歌詞違うかも)、の合唱も完ぺき。


跳べ

「himawari」のカップリングに、ホールツアーでこの曲をやった時の音源が入ってるのを知っていたので、やるかもな、とは思っていたけれど、ほんとにやったね。あんまり知らないな、この曲も。アルバム「Q」に入ってたんっだっけ?この曲も、座った。休憩しないと、長丁場に耐えられないほど、年を取ったのだ。


Marshmallow day

盛り上がるよね~、この曲。あんまり歌詞が好きじゃないけど、ライブで映える。「エブリデイ マシュマロデーイ!」(←もう、英字で打つのめんどくさくなった)の合唱も完ぺき。


エソラ

きた、きた、きたーーーーーーーーーーーーー!!イントロで「やったー!」と吠えた。ライブでこれをやらないでどうする??ってなくらい好きな曲。たぶん、この日一番のあほ面をして、歌いまくった。ライブ映像に入ってたらどうしよう、というくらい。サビ前の「オー!!」」の合唱も完ぺき、「ロックミーベイベー、トューナイト!」の合唱も完ぺき。みんなサビも歌ってたね。最高潮に盛り上がって、本編終了。本編ラストにふさわしい曲。
 


(アンコール)


蘇生

これまた「これもやってくれるの~??」という驚き。大好きな曲。歌詞がいいし、みんなで歌える。出血大サービスどころじゃない。「何度でも 何度でも~」のところも、「オー、オー、オオー」のコーラスも大合唱完ぺき。そして、桜井さんこの歌、うまいよね。


fanfale

ライブの終わりに向かっていて、やってもあと3曲だろうな、と思っていたところに、この曲。そうだね、こんな曲もあったねー。この曲は、ナオトインティライミを思い出すよね、ミスチルのコーラスやってた頃の。


終わりなき旅

桜井さんが花柄のギターを持った。おや?これは「終わりなき旅」か「Everithing It's you」では?と思っていると、桜井さんが「今まで過去の曲をたくさんやってきましたが、最後に"未来を見据えて"この曲を」と言って「終わりなき旅」。うれしくて、うれしくて、震えたね。この曲は、みんな最初から歌ってたんじゃない?っていうくらい、会場の声が反響してた気がする。「閉ざされたドアの向こうに 新しい何かが待っていて」、「いいことばかりじゃないさ でも次の扉をノックしよう」、「誰の真似もすんな 君は君でいい 生きるためのレシピなんてない」という歌詞が、いまだに胸に響く名曲。私、何百とあるミスチルの曲で、この曲が一番好き。

 

 

トータル3時間半の夢のひととき。まさに集大成という最高のライブだった。

昔ほどミスチル熱はなくなっていて、前日までライブに行くという実感もなくて、これが最後のライブになるだろうと思ってたけど、離さないよね、ミスチルは。ほんとになんていうか、私の心を捉えて離さないんだわ。そりゃそうか、人生の半分以上を、Mr.Childrenとともに生きてきたんだから。

 

人気が絶頂だったころは、女の人が多かったライブ会場も、今は男の人のほうが多いんじゃ?と思うほど。男の子同士で来ているグループも多くて、ほほえましい。5年くらい前は、結構、幼児がいたけれど、今回はそんなにいなくて、年配の人も少なかったな。初期のミスチル世代から、今は、何世代目になっているのかわからないけれど、その時代その時代で、新しいファンを得て、変化していくこのバンドは、すごいとしか言いようがない。とても安っぽい言葉だけど、「すごい」のだ。

 

この「すごい」人たちの音楽を、いつまで聞くことができるのだろうか、と思う。桜井さん47歳、私37歳。いつまで聞くことができるのだろうか。

 

 

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 30代おひとりさまへ 

【スポンサーリンク】