あしたはあしたのかぜがふく

37才。気まぐれに自由に人生を楽しむ日々の記録。

強制終了にはなれなくて

 

待ちに待った大学病院の診察であった。

 

www.shimareiko.club

 

www.shimareiko.club

 

私の思惑通りに行けば、診察で「あっちもこっちも調べたいので、検査入院しましょう」と言われるはずだった。甲状腺もおかしいし、円形脱毛症は相変わらずだし、膠原病っぽいし、骨が細すぎるし、それは副甲状腺のせいかもしれないし。

 

こんなの、外来の検査で解明させようとしたら、あっという間に冬になるわ。私は、待てないのだ。宙ぶらりんのまま、待ってなんかられない。母じゃないけれど、「切るならさっさと切ってくれ」である。(母もすごいこと言う。)

 

そう思っていたが、一つ目の内分泌科では、「副甲状腺の値が高いのは、甲状腺の影響だと思われるので、まず甲状腺の経過観察でいいと思います。」ということで、料金請求なく終了。

 

私は、「要入院」という診断書を携えて会社へ行くつもりだったのに、いきなり出鼻をくじかれた。そもそも病名がついてない。

 

二つ目の膠原病科。ここもどうせ経過観察かなんかだろう。と思っていたら、先生は、私の手足の指の骨の変形に「これはみたことない症状ですね」と悩んでいた。「写真撮っていいですか」と言うので、レントゲンを撮って帰れということかと思ったら、ほんもののカメラで私の指や円形脱毛症をパシャパシャと撮った。

 

そしてまた「見たことない」を連発。これは、「入院して検査しましょう」になるかと思いきや、「病名がつくかどうかはわからないけど、来月検査の予約入れますね」と。

 

来月かよ。来月までまた結果待ちかよ。もう、疲れたよ。

 

結局、膠原病のうち「全身性エリテマトーデス」の疑いだけが残っているので、血液検査と心電図をやるらしい、来月。骨密度の検査も。

 

どうせ全身性エリテマトーデスなわけがない。こんなに健康そうにしているんだから。もういまさら検査とかどうでもいいけど、とりあえずまた来月。

 

先生は、おそらく、先天性の骨代謝の異常だろうという見立てだった。そうだろうね。体重のわりに骨は細いのは昔から。首も細いし、手首も細いし、指の骨も細くて、手は「すらっとしたきれいな指ね」とよく言われる。水仕事をしないから、きれいなだけなんだけど。

 

前回の血液検査の結果をネットで調べつくした結果、だいたいそんなとこだろうと薄々感じていた。

 

骨が細いのは生まれつき。

カリウムの値が低いのは、栄養不足。野菜を食べないから。

ヘモグロビンが低いのも、栄養不足による貧血。

リンの値が低いのは、魚を食べないから。

円形脱毛症は、セキュリティ事故やっちゃったときのストレス。

 

だから、副甲状腺機能亢進症と思い込むようにしてたけど、違うような気がしてたのである。しかも、今日の血液検査は、どこも全く異常がなかったのである。(膠原病抗体は、来月だからわからないけど)

 

そりゃあ、今まで年に一回の健康診断でしか血液検査をしていなかったのに、2週間おき、もしくは、1週間おきに検査してれば、値の変動はあるでしょう。

 

結局、病気を理由に退職することはできなかった。願いは叶わないこともある。叶わないほうがいいからである。神様にも、ひいばあちゃんにも、じいちゃんにも、おじさんにも、お願いしたけど叶わなかった。要は、自分でなんとかしろ、ということである。

 

もう仕方がないので、ただ「辞める」ということにした。理由は「一身上の都合」である。会社に行き、マネージャーに面談の依頼をしようと思ったところに、ある人が

本日付けで退職(依願退職)となったことを知る。とてつもなく突然の出来事であった。

 

というわけで、私は面談をセッティングしてもらったものの、結局「辞める」とは言えない状況になり、"残業ありきのシフトを組まないでほしい"という言いたいことのうち3番目に伝えたかったことだけを伝えて帰ってきた。

 

私がドロンと辞めようとしてるのに、別の人がドロンといなくなってしまった。

 

もうあきらめよう。(最近、同じセリフを言った気がする)

 

www.shimareiko.club

 

私は、辞められないんだ。私は、ありがたいことに大変健康なんだ。

食生活に気を付けて、気楽に働こう。

 

 

 

 

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 30代おひとりさまへ 

【スポンサーリンク】