あしたはあしたのかぜがふく

心の声に従って生きるアラフォーのなんでも本音日記

現代人は食べ過ぎです。人はそんなに食べなくても生きていける

 

f:id:saisakura:20180320034534j:plain

ヴィパッサナー瞑想の合宿で千葉に行っていました。合宿中の菜食の食事から、日頃いかに食べ過ぎているかということがよくわかりました。(※ヴィパッサナー瞑想が何かということについては、下記オフィシャルサイトをご覧ください。)

ヴィパッサナー瞑想: 日本

 

www.shimareiko.club

 

この合宿、10日間瞑想センターに籠ります。その間、食事の時間が、朝食が6時30分で、昼食が11時。夕食はありません。

 

夕食はありませんが、初めて参加する人だけ、17時のティータイムに果物を食べることができます。りんご半分にみかん1個とか。(2回目以降の参加者は、飲み物のみです)

 

1日2食です。しかも、午後からはまともな食事を摂りません。それでも生きていられるんです。

 

菜食ということもあり、痩せるとは聞いていましたが、ほんとに痩せました。ダイエット合宿ではないので、それを目的にされると瞑想センターの主旨とずれるのであまりよくないと思うのですが、言いたいことは「現代人は食べすぎてる」ということです。

 

大人になって、しかも中年の代謝が落ちる年齢になって、1日3食食べる必要なんてないんですよ。そのひと口は、本当に食べたくて食べてますか?と。「今食べないと、いつ食べられるかわからないから、食べておかなきゃ」という思考で食べてないですか?と。

 

今までに蓄えたエネルギーがあるのだから、簡単に倒れたりはしません。育ち盛りの子どもじゃないんだから、お腹いっぱいおかわりするほど食べなくてもいいんです。

 

ただ、ストレスがたまると、思考で食べ物を必要以上に欲するので、食べすぎてしまうことがあるので注意ですね。食べることで一時的なストレス発散になるかもしれませんが、必要以上のエネルギーを取り入れてしまっているので、太るのはあたりまえです。

 

なので結論。

 

人間、そんなに食べなくても大丈夫です。

 

 

 

www.shimareiko.club

 ↑最近このブログで一番読まれています^^

 

www.shimareiko.club

 

 

 

 

 

 

 

 

 

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 30代の生き方へ

スポンサーリンク