あしたはあしたのかぜがふく

心の声に従って生きるアラフォーのなんでも本音日記

★映画感想★「神様メール」寿命からは逃げられないから好きなことしてたらいい

 f:id:saisakura:20180130132907j:plain

 

久しぶりに映画の感想を。

この映画、年末にHuluで観たのですが、とってもおもしろくて3回以上観ました。フランス映画です。

 

kamisama.asmik-ace.co.jp

 

 

余命を知らせるメールが配信されて人間界がパニックに

神様はブリュッセルに家族と住んでいて、パソコンで好きなように世界を支配している、という設定です。この設定も好きです。雲の上とか、不思議の国とかじゃなく、ブリュッセルって。

 

神様の娘「エア」が神様のパソコンから、人間の余命を知らせるメールを送信してしまったから、人間界は大パニックに。エアが人間界に行き、エアの小さな奇跡でお悩みを解決していく、、、というストーリー。

 

ちなみに神様には息子もいて、息子はあの有名な「イエス」です。私はこの映画でいちばんイエスが好きでした。登場シーンはわずかですが。超かっこいいんだもん。 

 

余命を知らされたらあなたならどうする

あと何年生きられるか、自分がいつ死ぬのか、ということを知ってしまった人間の行動はさまざまです。

 

会社を辞めて冒険に出る人、何をやってもいついつまでは生きていられるから、とハチャメチャなことをする人、いつもと同じように何も買えずに生活する人、など。 

 

どうあがいても寿命からは逃げられない

あと数分で死ぬことを知ってしまった健康な人が、危険物を身の回りから遠ざけて、死に至るような事象が起こらないように行動するのですが、結局その行動がもとになって死んでしまうんです。余命を知らせるメールの時間どおりに。

 

このシーンを観た時に、結局寿命からは逃げられないのだ、ということがよくわかりました。どのように人生が終わるかはわからないし、わかったところでそこからは逃げられないんです。すべては、神の采配だから。

 

結局、好きなことして好きなようにしてたらいいってこと

何をしてても、寿命が来ればみんな死ぬということは決まっているのだから、好きなようにしてたらいいんだな、とあらためて思いました。

 

って、私はもう十分好きなように好きなことしてるんですが、まだ足りないとでも言いたいのか、と自分に問うております。。

 

神様のクソおやじっぷりにも注目

この映画、神様のキャラクターが、ハンパなく「悪」に設定されています。よくもまあここまで悪く描写しましたね、というほどに。監督の「神」に対する仕返しじゃないかと私は思っています。

 

まるで、昭和の時代の「カミナリおやじ」を思わせるようで、めちゃくちゃ腹が立ってくるのですが、まあ最後まで観てみてください。 

 

 

 

 

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 30代の生き方へ

【スポンサードリンク】