あしたはあしたのかぜがふく

心の声に従って生きるアラフォーのなんでも本音日記

ご申告はお早めに!確定申告はパソコンで簡単にできます

f:id:saisakura:20180130142853j:plain

 

確定申告の時期がやってきましたね。私は今年度は医療費控除の申告があるので、他人事ではありません。面倒なことはさっさと済ませましょう!ということで、さっそく手続きをしてみました。

 

 

所得税の申告書受付は、平成30年2月16日(金)から3月15日(木)までです

ちなみに、還付申告については、平成30年2月15日(木)以前でもOKなんです。

 

私は、退職した会社が11月度の給与で年末調整をしてくれて還付申告をすればよいだけなので、さっさと申告書を作成して税務署に郵送しました。

 

時期などの詳しい情報は、国税庁のQ&Aをご覧ください。

【確定申告・還付申告】|確定申告期に多いお問合せ事項Q&A|国税庁

 

情報はとにかくオフィシャルのものを確認しましょう。ネットの世界は嘘だらけです。 

 

申告書の作成はネットでかんたんにできます

確定申告の書類って、面倒なものだと思っていましたが、ネットで簡単にできました。

 

この確定申告書等作成コーナーで必要な数字を入力して、印刷し、税務署に持っていくか郵送するだけです。

www.nta.go.jp

 

私は自宅にプリンターがないので、コンビニのネットプリントを利用しました。白黒で1枚20円です。そのネットプリントでの印刷方法も、国税庁のHPに記載されています。たいへん親切です。

 

ICカードリーダライタという機械を持っていれば、e-Taxでデータを送信できるので、印刷して郵送する、という手間が省けます。

 

医療費控除は領収書の添付が不要になりました

今年度から、従来、医療費控除の際に添付していた医療費の領収書が不要になったそうです。いやー、助かりました。領収書は全部取ってありますが、これを送付するとなると、また面倒なので。

 

医療費の明細も、パソコンでさくっと入力できます。医療機関や薬局ごとにまとめて入力できるので、らくちんです。 もっと面倒なものかなと思っていましたが、領収書の送付はいらないし、通院日ごとの申告でなくても大丈夫なので、もっと早く取り掛かってもよかったのでは?とすら思います。

 

還付金は数百円でした。。。

申告書にすべての数字を入力すると、還付金がいくらかということもすぐに計算されるのですが、私の場合、わずか数百円でした。プリント代と郵送代を差し引いたら、いくら残るか。。。

 

まあ、正しく申告するのが目的ですし、医療費控除の申請をすることで、住民税もいくらか減額になる(はず)なので、ここで収支をプラスにしようなどと思うのがお門違いなのですが。

 

早くから準備をして早く申告すればするほど還付金の入金も早い(2月18日追記)

私は1月のうちに申告用紙を税務署に送ったのですが、2月16日には還付金が振り込まれていました。早いですね。

 

私はあとあと面倒になるのがいやだったので、時間のあるときに病院の領収書をただエクセルに打ち込んで、病院ごとの支払い金額をまとめておいたので申告がラクでした。 

f:id:saisakura:20180218111213p:plain

それでも、何月何日に病院に行ったかというのは面倒くさくて入力してません。ですが、申告には日付までは必要ないので大丈夫でした。


事業をされている方は、会計ソフトを使うとラクに申告できるのだと思います。 初期費用も基本料金も無料なので、今回の申告には間に合わなかった方も、来年度のために試してみるといいと思います。ご申告はお早めに~

 

 

 

 

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 30代の生き方へ

 

スポンサーリンク