あしたはあしたのかぜがふく

心の声に従って生きるアラフォーのなんでも本音日記

私の働き方改革 週5日=月20日出勤してる時点でワークライフバランスが取れてないから月の半分は休む

f:id:saisakura:20180321190953j:plain

ワークライフバランスという言葉をよく聞くようになりましたが、月30日のうち、週5日=月20日を会社で働いている時点で、ワークライフバランスはワークに傾いています。バランスを取るなら、月に15日間は働いて15日間は休みにすればいいのです。

 

なんか疲れる。朝起きられない。会社に行きたくない。

f:id:saisakura:20180321175108j:plain

 

高時給でラクチンな職場に再就職したものの、休みはあるのに疲れが取れなくなってきました。

派遣で働くなら面倒でも複数の会社に登録して理想の仕事を探すべし

 

仕事の日は、朝起きれなくなってきたし、「休もうかな」と思うこともしばしば。でも、「休みます」と会社に連絡するのがイヤで、ずる休みはできないのですが。

 

休みが足りない。もうちょっと休みたい。

今月は22日出勤です。わがままを承知で言いますが、ちょっと休みが足りないと思っています。体力も気力もついていきません。

 

完全に「会社の仕事」が生活のメインになっていて、観たい映画も溜まってるし、疲れてヨガに行く気力も無い状態です。

 

新しい環境に疲れているのもあると思いますが、もう少し休みたいというのが本音です。

 

現実逃避で海外旅行に行きたくなる

そしてついに、"現実逃避アラート"である、「飛行機に乗って遠くへ行きたい病」を発症しました。

 

ベトナムに行きたい

タイに行きたい

ニューヨークに行きたい

 

f:id:saisakura:20180321200951j:plain
f:id:saisakura:20180321201008j:plain
f:id:saisakura:20180321201023j:plain

 

でも、この旅行欲求、休みの前の日には嘘みたいに消えるんです。そして、「明日は仕事」という夜になるとまた現れる。完全に現実逃避です。

 

月20日以上出勤してる時点で「ワークライフバランス」はワークに傾いてるんじゃ?

よくよく考えたら、ひと月30日(もしくは31日)あるうち、月22日も会社に行っていたら、「会社の仕事」が生活のメインになるのは当たり前です。

 

ノー残業デーを作っても、そもそも週5で会社に行っている時点で、ワークライフバランスは、ワークに傾いています。

 

ワークライフバランス」とは

よく聞く「ワークライフバランス」とはどういうことなのでしょうか。内閣府のHPによると、仕事と生活の調和という意味のようです。

 

誰もがやりがいや充実感を感じながら働き、仕事上の責任を果たす一方で、子育て・介護の時間や、家庭、地域、自己啓発等にかかる個人の時間を持てる健康で豊かな生活ができるよう、今こそ、社会全体で仕事と生活の双方の調和の実現を希求していかなければならない。

引用元:http://wwwa.cao.go.jp/wlb/government/20barrier_html/20html/charter.html

 

ワークだけにやりがいがあればいい!という人はそれでOKと思いますが、私は、ワークもライフ(プライベートの時間)も両方同じくらい充実させたいんです。 

 

月15日だけ働いて15日は休むという働き方にする

というわけで、月30日のうち会社に行って働く日数は15日だけ、15日は休みにすることにしました。

 

これで、物理的にもライフワークバランスが調和すると思います。

 

月15日働くだけで生活できるのか

f:id:saisakura:20170323091831j:plain

 

月に15日しか働かなくても、時給が高いことや生活費があまりかからないこと、派遣の仕事以外に個人的に手伝っている仕事もあるので、生活してくことはできます。

 

生命保険も個人年金も払って、さらに貯金もできる、という試算ができたので、勤務日数を減らしてもらいました。

 

月の半分を休むという働き方は、安定も確保しつつプライベートの時間を十分確保できる

そりゃあ会社に行かずに生活していけるのがいちばんですが、そうすると失業期間のように、「貯金が減っていく恐怖には耐えられない!」という状況になります。

 

それであれば、自分が不安にならないラインを見極めて、できる範囲で自分の時間とのバランスを取っていくことで、自分に合った働き方ができるのではないでしょうか。

 

それが私の場合、月15日(週4程度)だけ働くというスタイルだったというわけです。

 

「半年働いて半年休む」という働き方もある

「半年働いて、半年はがっつり休む」という働き方をしている人もいます。

 

私もその作戦を考えてみましたが、性格上、がっつり働くのも、がっつり休むのも、途中で飽きるのが目に見えているのでやめました。

 

ちょっと働いて、同じくらい休んで、またちょっと働いて、またちょっと休む。という繰り返しで、精神的にも身体的にも負担が少ない方法で、細く長く生きていこうと思います。

 

(余談)好きな人がいたら会社に行くのが楽しいんだけどね

「会社に好きな人がいる」というのは、会社に行く最高のモチベーションになります。

 

会社に行けば好きな人に会えると思ったら、前の日から会社に行くのが楽しみだし、月に何日出勤だろうと、仕事で何があろうとへっちゃらなんですけどね。

 

わたくしの場合、あいにくそういう状況ではないので、月の半分は休みます。急にまた週5で働き出したら、何かあったと思ってください笑

 

もし今日が人生最後の日だとしたら、今やろうとしていることは 本当に自分のやりたいことだろうか?

働き方について考える時、必ずスティーブ・ジョブズのこの言葉を思い浮かべます。

 

もし今日が人生最後の日だとしたら、今やろうとしていることは 本当に自分のやりたいことだろうか?

 

ちょっと違うなと思うところがあるのなら、働き方を考えてみるタイミングが来ているということです。

 

いつ降るかわからない雨のために折り畳み傘を用意しておくことも大事だけれど、今を楽しむことも大事です。

 

自分にとってのちょうどいいバランスを見つけて、後悔しないように生きていきたいものです。

 

 

 

 

 

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 30代の生き方へ

スポンサーリンク