あしたはあしたのかぜがふく

心の声に従って生きるアラフォーのなんでも本音日記

テンションの上がらないものは全部捨てる 服も仕事も人間関係も

f:id:saisakura:20180405181928j:plain

 

春の衣替えをしたのですが、今年も着たいと思える服があまりなかったので、ほとんど捨てました。10リットルのごみ袋3つ分です。いや~、スッキリした。

 

テンションの上がらないものを身につけない

しあわせに生きたいなら、テンションが上がらないものを身の回りに置いておくのはNGです。

 

・いつか着るかもしれないと取っておいて全然着てないワンピース

・毛玉が出てるセーター

・2着買うと割引になるからと買った色違いのカットソー

・高かったけどデザインが好きじゃなくなったシャツ

・以前の職場でよく履いてたスカート

 

などなど。

 

その服を着て自分が心地よくいられるか?って想像して、NO!を思ったものは、容赦なく捨てます。

 

その服を着てると、別れた人を思い出すとか、前の仕事のことを思い出すなんて、論外。

 

思考が過去に戻るようなことしてたら、全然前に進まないですもの。 

 

妥協して買ったものは結局捨てることになる

捨てた服たちを見ると、ホントにほしくて買ったのではないものが多いです。

 

妥協して買ったというか、「あと1枚なんか買っておこう」と揃えたものが多い。

 

真剣に、心の底から気に入ってたり、欲しかったりしたものじゃないと、結局捨てることになります。

 

モノに対して失礼だし、お金にも失礼。

 

気持ちは日々変わるから、気に入って買ったものでも魅力的に見えなくなる

その時はいいな、と思った服でも、気持ちの変化とともに好みが変われば、着たいとは思わなくなります。

 

職場が変わったら、着れなくなった服もあったり。

 

その時、その時の自分に合わせて、心地よいものを選んでいけばいいだけです。

 

で、いらないと思ったものは捨てる。迷わず、捨てる。

 

仕事も人間関係も服と同じ いらないものは捨てて心地よいものを選ぶ

服に限らず、仕事も人間関係も同じです。

 

今までは楽しい仕事だったのに、楽しい関係だったのに、なんか違う。と思うようになることもあります。

 

そうしたら、思い切って捨てちゃってもいい。

 

自分にとって、何が心地よいか選択することが、自分のしあわせのためです。

 

空いたスペースには新しいものが入るようにできてるし、繋がる人とはまた繋がるから。

 

 

 

 

 

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 30代の生き方へ

【スポンサードリンク】