あしたはあしたのかぜがふく

心の声に従って生きるアラフォーのなんでも本音日記

お金を洗ってみた 小銭を洗うと金運が上がる

 

思い立って、お金を洗ってみました。

 

田宮陽子さんのこの本を立ち読みしたら、お金を大切にするとお金に愛されるということが書いてあって、 

なぜか神様が味方する すごい! 金運の引き寄せ方

なぜか神様が味方する すごい! 金運の引き寄せ方

 

 

"落ちてるお金は拾ってあげるといい"とあり、さらに拭いてあげるといいと書いてあったような、なかったような・・・

 

いかんせん立ち読みだから忘れちゃったけど、この部分を読んだ時に、「あ、小銭、洗おう」と思ったのがきっかけ。

 ameblo.jp

 

 

私のお財布に入ってた、小銭たち。

f:id:saisakura:20180406162141j:plain

 

どうやって洗ったらいいのか調べたら、知恵袋に

☆五円硬貨(黄銅)と、十円硬貨(銅)など銅系の金属は、
酸性の物に浸けると綺麗になります。

と書いてあったので、酢の中へポチャン。

 

f:id:saisakura:20180406164308j:plain

10円玉の酢漬け。 

 

では、百円や五十円などはどうしたらいいのかというと、

☆五十円・百円・五百円硬貨(ニッケル合金)は、
酸の浸け置きでだけでは、落ちません。

カーワックス・コンパウンド・歯磨き粉、
などを付けた布やスポンジで磨きます。
(この方法は、5円10円にも適用できます)

と書いてありましたが、なんとなく、なんでも洗える万能の洗剤"重曹"でいけるんじゃないか?と思ったので、重曹を溶かした水の中へ、ポチャン。

 

f:id:saisakura:20180406165020j:plain

小銭の重曹漬け。

 

それぞれ、10分くらい浸け置きして水から上げて布で拭いて、さらに重曹で磨いてみたら、こうなりました。

 

f:id:saisakura:20180406165212j:plain

全体的に、黒ずみが取れたような。

 

並べてみると

f:id:saisakura:20180406162141j:plain
f:id:saisakura:20180406165212j:plain
左:洗濯前  右:洗濯後

 

光の加減で洗う前のほうが明るくきれいに見えますが、右の洗った後の写真をよく見ると、どの小銭も垢が落ちてます。垢抜けてます。

 

10円玉は確実にきれいになりました。キラキラになったというより、色が明るくなったという感じ。

 

2回目からは、酢に塩を入れて浸けてみたら、もっときれいになりましたよ。

 

 

小銭を洗うとね、金運が上がるんだそうです。

 

小銭たちの親や祖父母ともいえる一万円などのお札が、「子どもたちをきれいにしてくれてありがとう!」とお礼に来てくれるとのこと。

 

これはもう、どんどん小銭さんたちを洗ってあげるしかないですね。

 

 

鎌倉には、銭洗い弁天といわれる神社もあるんです。

 

神社好きで、あちこち歩いてますが初耳でした。kanagawa-jinja.or.jp

 

この神社で小銭を洗うと、お金が何倍にもなるといわれているそうです。

 

近くの方は、行ってみるといいかも。

 

私は遠いので、家で小銭洗いします。

 

 

小銭がきれいになると、きれいな財布に入れたくなって、財布を買い替えようかな、という気持ちになります。

 

財布は、"お金のおうち"ですからね。

 

ポール・スミスのお財布を狙ってます。

 

LANVANもいいな~ 

 

 

外で買い物をしてお釣りをもらうと、その小銭はたいてい汚れているので、また洗うことになります。

 

きれいな小銭と財布の中で同居させるのも嫌なので、やっぱり洗っちゃいます。

 

というわけで、毎日せっせと酢漬けと重曹漬けを繰り返すという、銭洗いばばあ状態ですが、

 

やっぱり、お金がきれいだと気持ちがいいもので、いい気持ちでいれば、そりゃあ金運が上がるよな~と思うわけであります。

 

「小銭洗い」試しに一回やってみて♪やめられなくなるかも。

 

 

 

 

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 30代の生き方へ

スポンサーリンク