成長因子で発毛

あしたはあしたのかぜがふく

心の声に従って生きるアラフォーのなんでも本音日記

★読書感想★「しないことリスト」/pha

phaさんの「しないことリスト」を読んで、共感できる部分が多々あったので、備忘録として記録しておく。 

しないことリスト

しないことリスト

 

 

「お金で解決しない」

お金を稼ぐために働いて、そのことでストレスを溜めて、そのストレスを解消するためにお金を使ってしまう、ということがないだろうか。

僕が会社員をやっていた頃は、自分がそんな理不尽なループにハマっているような気がしていた。

出典:「しないことリスト」□お金で解決しない

 

私も本当にそう思う。ストレスが溜まらなければ、パーッとお金を使いたいと思うことも少ない。

 

だから、私は今年から働くペースを抑えた。 ま、それはそれで飽きてきて、どこかに行きたい!って旅欲求が出てきてるんだけど。。。

www.shimareiko.club

 

 

「過去に固執しない」"コンコルドの誤謬"

自分が過去にした判断や、費やしたエネルギーが無駄だったと認めることはしにくい。でも、間違った方向に進み続けるよりは、早めに方向転換したほうが傷は浅くて済む。

コンコルドの誤謬(ごびゅう)」という言葉がある、これはコンコルドという超音速旅客機の開発における失敗から生まれた言葉だ。

コンコルドはイギリスとフランスの共同開発で莫大な予算をかけて開発された機体なのだけど、完成の前に既に「将来にわたって収益が望めないので、開発を中止したほうが得だ」という見解が出ていた。

だけど、「今までに投下した資金や労力を無駄にするわけにはいかない」という理由で開発は続行されて、結局予測の通り商業的に失敗した。

出典:「しないことリスト」□過去に固執しない

 

そうそう。その時はイケる!と思っても、日々状況も気持ちも変わるから、「まずいんじゃ?」と思ったら、早めに軌道修正したほうがいい。

 

「初志貫徹」という言葉もあるけれど、「こうなるような気がしてたけどやっぱり失敗したね」というのでは、悔しすぎる。失敗の予感がなかったのに、そうなった時は仕方ない。そういうこともある。

 

 

ひもじい、寒い、もう死にたい、不幸はこの順番で来る

 マンガ『じゃりんこチエ』の中で、屋台のラーメン屋で小学生のチエちゃんがおばあちゃんにこんなことを言われるシーンがある。

「人間に一番悪いのは腹がへるのと寒いゆうことですわ」

「メシも食べへんとものを考えるとろくなことを想像しまへんのや。ノイローゼちゅうやつになるんですわ」

「ひもじい、寒い、もう死にたい、不幸はこの順番で来ますのや」

だから、不幸になりたくなければ、とりあえず何か温かいものを食べなはれ、とおばあちゃんは言うのだ。

出典:「しないことリスト」□絶望しない

 

元気がない時は、体を温めて、温かいものを食べるといいとよく言われる。心と体はつながってるから、体をあたためれば心もあたたまる。だから冷やすのはよくない。

 

ご飯を食べないでものを考えるのもよくないみたいだけど、私は、夜にものを考えるのもよくないと思ってる。1日のエネルギーを使い果たした夜の時間に考えることはろくなことがない。しっかり寝て、すっきりした朝に考えるのが一番いい。

 

 

「なんかビミョー」と思ったら、早めに抜け出そう。

「なんかビミョー」と思ったら、早めに抜け出そう。

他人のペースに合わせる必要はない。惰性に流されず、自分に必要な部分だけつまみ食いするようにしよう。

出典:「しないことリスト」□最後まで我慢しない

 

仰る通りで。我慢しつづけて病気になるのはバカくさい。

 

 

義務教育を終えたら余生

僕は今 36歳だけど、30歳くらいから、「もうこれからは余生だなー」という感じがあって、そんなつもりで生きている。

もう興味のあることは大体やった気がするし、そもそも自分みたいに怠惰で不健康なダメ人間はそんなに長生きしないものだ、と思っているからだ。

出典:「しないことリスト」□長生きしない

 

私は35歳になった時に、人生の折り返し地点だなと思った。いくら日本の寿命が延びているとはいえ、不自由なく動き回れるのは70歳くらいまでだろう、と思ったから。

 

そして、去年37歳で仕事を辞めた時、「もうやりたいことはやった」という感じがして、あとは人生のロスタイムだと思った。

 

だから、phaさんのこの考え方には、強く共感する。

 

 

人生に意味はない

人間はどうしても、出来事に意味や理由を求めてしまいがちな生き物だけど、本当は意味なんてないんだろう。

動物や植物と同じように、なぜだかわからないけど生まれてきて、そしてある程度の時間が経ってから何かの拍子に死ぬ、というだけだ。

それだったら、「あれをしなきゃいけない」とか「これをしなきゃいけない」とかいった決まりに縛られずに、自分の感覚のおもむくままに好きにいきればいい、と僕は思う。

出典:「しないことリスト」□おわりに

 

そうなんだよね。結局、人生に意味なんてない。ただ、自然現象の一つとして、生まれて、終わる。花が咲いて、そのうち枯れるのと同じ。

 

私も、「人生の意味」とか「人生の目的」とか「使命とは何か」を10代の頃からずっと考えてきたけれど、たくさんの書物を読んだり、今までの経験から結論するに、人生に意味はない。

 

人間はたまたまいろいろな状況が重なり合って、現象として生まれただけなんだけど、人間に「なぜ」と考える知恵があったから、いろいろと考えを巡らせて、その結果、さまざまな理由付けをしてるだけ。

 

だから、しなければならないこともないし、使命もないってこと。

 

それに気づいた時は、しばらく喪失感というか燃え尽き症候群みたいになったけど、「 しなければならないことがない」ってことは、「何をしてもいい」ということで、そう考えるとラクになる。

 

もうここまで生きたんだから、やりたいこともやったんだから、あとは「余生」ってことで、ゆる~く、なんとなく生きていければいいんじゃないかと思う。

 

そうしてるあいだに、またやりたいことが出てきたらやればいいんじゃないかと。

 

 

最後に

著者のphaさんの本は、とっても読みやすいしわかりやすい。さすが、京大卒で読書家。やっぱり頭がいい人は違う。

 

しないことリスト」は図書館で借りたんだけど、ここに挙げた以外にも心に響く項目がたくさんあって、手元に置いて何度も読みたいから、買っておこうと思う。kindleじゃなくてやっぱり紙の本でしょ。 

しないことリスト

しないことリスト

 

 

この本もおもしろかったから買った。

 

これは借りただけだけど、おもしろかったな。

ニートの歩き方 ――お金がなくても楽しく暮らすためのインターネット活用法

ニートの歩き方 ――お金がなくても楽しく暮らすためのインターネット活用法

 

 

phaさんのブログもゆるい感じが好き。最近、更新されないからちょっと心配。。

pha.hateblo.jp

 

 

 

 

 

 

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 30代の生き方へ

スポンサーリンク