成長因子で発毛

あしたはあしたのかぜがふく

心の声に従って生きるアラフォーのなんでも本音日記

「お金は使えば入ってくる」の罠 「全部使い切れ」ってことじゃない

最近気になるのが、あの「お金は使えば入ってくるから使いましょう」「お金は循環させましょう」って一生懸命、声高に言ってるスピリチュアル、自己啓発系の人たち。

 

「お金は出せば入る」けど「全部出せば入る」じゃないよ

「お金は出せば入ってくる」っていうけど、「全部出せば」とは言ってないんだよね。

 

「お金は循環させるものだから使いましょう」っていうけど、「有り金、全部使い切りましょう」とは言ってないんだよね。

 

そこを間違わないようにしないと、結局「お金ありません」ってことになる。

 

べつにスピ系の人たちばっかりがそういうこと言ってるわけじゃないし、「出せば入る」「出すのが先」というのは法則だし、出さないと経済が回っていかないからいいんだけど、

 

「全部使い切れ」とは言ってないっていうところに気が付かないと、結局「なんでお金ないのー!」ってなって、状況は変わらない。

 

セミナージプシーを生むからくり

で、「私の心の持ち方が悪いのかしら?」「もっとその理屈について勉強しないといけないのかしら?」とかなっちゃって、

 

また、そのそういう理論を提唱している人の本を買ったり、セミナーにカード払いにして行ったりする。

 

で、また「お金ない!」の繰り返し。

 

結局、「お金を使いましょう!」って言ってる人にお金入ってくるんだよね。

 

そして、その人たちが、豪遊したりチャリティーイベントで盛大に寄付してる姿を見せる

「この人の考え方や行動を真似すれば私もそうなれるんだ!」ってまたセミナーに行く。

 

「お金使いましょう!」っていうのは、「私にお金使いましょう!」だからね。

 

たしかにそういう影響力のある人に渡したほうが、次の人にも盛大に渡してくれて、大きく循環するから、良い!っていうのはわかるんだけど、

 

循環って、別に意識しないでも私たちもやってるんだよ、日頃から。

働く(とか、もらうとか)→お金入ってくる→使う→働く働く(とか、もらうとか)→お金入ってくる・・・・

 

って、当たり前のようにやってること。

 

なのに、「お金は使ってなんぼ!」とか「使わないから入ってこない!」とかいう情報を見ると、

 

「まだ使わないといけないんだ!」とか思って、ドカンとお金使ったりする。

 

そのあと、予期せぬところからお金が入ってきてトントンになりました、ってこともあるけど、私も経験あるけど、

 

入ってこないこともあるからね。

 

それが、心底やりたいことなんだったら後悔もないかもしれないけど、「使えば入るんでしょー」って使ったお金って、たいてい入ってこないで、使ったら使ったまんま。

 

「使ったけど入ってこなかった!」「借金つくっちゃいました!」っていう体験談って、クローズアップされないから。

 

「あなたの言うとおりに、お金使ったら入ってきました!」っていうエピソードを披露して、売上をあげるようにするのが商売だから。

 

これが、セミナージプシーを生むからくりだよね。

 

ほんとにお金使ってほしいのは、貯めこんでる高齢者の方々の預貯金なんじゃないのかな。これから子どもの教育だなんだとお金がかかる、30代とか40代じゃなくて。

 

ま、使っても稼げる年代だから、私らが使うのがベターなんだろうな、と書いてて思うけど、奇跡に頼ってお金を使いまくって→働く→ストレスたまる

 

ってのは本末転倒かと。

 

それに、「お金使いましょう!」って言ってる人たちの言動をよく見たら、「税金が払えない」とか「〇〇さんに、借りた」とか言ってる人もいる。

 

その理屈を実践してみたいということは、そういう「払えない、どうしよう」という状況をも体験することになるってことだからね。

 

それが大丈夫な、「宵越しの金は持たねぇ」という強靭な精神の持ち主とか、そういう人になりたいというのならOKだけど、

 

自分の性格とか性質を見極めてから、自分が心地よい選択をしたほうがいいと思う。

 

ま、何事もバランスだ。

 

 

 

 

 

 

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 30代の生き方へ

スポンサーリンク