あしたはあしたのかぜがふく

心の声に従って生きるアラフォーのなんでも本音日記

私の働き方改革② することがないから趣味として働く 

どうも。しまれいこです。

 

最近、あまりにもやることがなくなってしまったので、派遣の仕事が休みの日に別の仕事をすることにしました。

 

休みの日にすることがなくなった

ゆるゆる派遣社員の私は、月間16日前後しか出勤していないので、休みがたっぷりありますが、いよいよ休みの日にやることがなくなってしまいました。

 

www.shimareiko.club

 

観たい映画DVDはある程度観たし、もう読みたい本もないし、食べたいもの(外食)は食べたし、ヨガは飽きたし。

 

ふらっとカフェに行って→本屋で立ち読みして→コンビニで何か食べるものを買って帰ってきて→ネットを見て→寝る

 

という休みの過ごし方に飽きたのです。

 

心身ともに充電が完了したとも言えるかもしれません。

 

収入が減った

出勤日数が減ったら収入が減るのは当たり前で、行きたい旅行に行くのもためらうほど。

 

www.shimareiko.club

 

まあいっか、というお気楽思考もありながら、どこかでやっぱり「もうちょっとお金がほしい」とは思っていました。

 

消費することに飽きた

休みの日を、ふらっとカフェに行って→本屋で立ち読みして→コンビニで何か食べるものを買って帰ってきて→ネットを見て→寝る、というサイクルで過ごしていたら、ただお金を使って何も得ていないような感覚になります。

 

実際は、すべての経験には無駄なものはないので、何も得ていない、ということはないのですが、ただ時間が流れて、お金が出ていくだけ、というような感覚に襲われるんです。

 

ミニマリストしぶさんの影響もかなりありますが、飽き性の私は、消費することにすら飽きたんだと思います。

sibu2.com

 

単発バイトをしてみたら意外と疲れなかった

たまたま休みの日に、以前やったことのある医学会の受付の仕事の募集があったので行ってみたら、別に大変なこともなく、疲れることもありませんでした。

 

意外と本業を持ちながらも、他の仕事で収入を得られるんだな、と思いました。

 

しかもフルタイムではなく、4時間程度の勤務だったし、イベントの単発バイトだから、一緒に働く人との人間関係のしがらみもない。一期一会の出会いで、その日が終わったら、ハイ解散。精神的な疲れがないのが素晴らしいと思ったのです。

 

本業の仕事ではストレスがほとんどないので、休みの日を休むことに使わなくてもエネルギーが余っているし、これはイケるんじゃないか、と精力的に単発バイトに応募しまくりました。

 

本業があるから、おもしろそうな仕事だけを選べばいい

本業は、コールセンターのオペレーターです。これは、難なくできる仕事。この仕事で生活費を稼ぐことができているので、他のバイトについては、単純にプラスαです。

 

なので、時給がいくらかということは、たいして重要ではありません。ただ、やってみたいことか、おもしろそうなことか、ということだけで仕事を選べばいいんです。

 

仕事とはいえ、趣味みたいなものです。

 

ライブスタッフ、結婚式の受付、保育士、データ入力 仕事はなんでもある

今のところ、本業のほかに、

 

ライブスタッフ

結婚式の受付

保育士

データ入力(在宅)

 

の仕事を入れています。探せば仕事はあるものですね。

 

それぞれの仕事だけで毎月の生活費を得ようとしたら、月間何時間働けばいいんだ?ということになるのですが、あくまでプラスαなので、選択肢が増えます。

 

今のところ、肩書きは5つということになります。

 

おかげさまで、今月は休みがありません。

 

がっつり休んだかと思ったら、急に動き出してめいっぱいスケジュールを詰め込むあたり、とにかくやることが極端ですが、退屈しなくていい感じです。一人で家にいると、鬱々としてくるし。

 

またぱったり動けなくなる時がくるかもしれないけれど、その時はその時で。

 

とりあえず、動ける夏のうちに、動きたいと思える間に、なんでもやってみたいのです。

 

いつもの生活と違う世界を垣間見れる

面接に行ったり、打ち合わせに行ったりして、いつもの生活圏とは違うところに行くのもまた新鮮で、旅行に行っている時と同じような刺激もあっておもしろいです。

 

それに、一つの会社に行って、その仕事だけをしていたら世界って変わりにくいけど、いろいろな業界の仕事をしてみたら、知らない世界を知ることができるし、それがすべて糧になるし、さらにお金ももらえるという、いいことづくめのような気がします。

 

退屈はいらない やりたいことは全部やる

人生の折り返し地点を過ぎたので、あとは余生だと思っています。余生だからこそ、好きなこと、やりたいことは全部やろうと思います。

 

ライブスタッフはずっとやってみたかったし、結婚式とか医学会でスーツを着て受付をするのは好きだし、保育士もやりたくて資格取ったわけだし。

 

自分の引き出しを全部使って、できることをやってみようかと。

 

飽き性の私は、一カ所にエネルギーを集中させるより、あちこちに分散させていたほうが退屈しません。

 

肩の力も入らずに気楽にいられるので、必死感がなくてキリキリしないし、自分にとっても周りにとってもメリットばかり。

 

こういう自由度の高いライフスタイルが向いているような気がします。

 

なので、直雇用という選択肢はないのです。 

www.shimareiko.club

 

 

今日もいい一日でありますように☆彡

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 30代の生き方へ

スポンサーリンク