成長因子で発毛

あしたはあしたのかぜがふく

心の声に従って生きるアラフォーのなんでも本音日記

やっぱりお金は使ったほうがいいみたいだ 

どうも、しまれいこです。

 

久しぶりに本を買いました。

 

20代で隠居生活に入った、大原扁理さんの、「なるべく働きたくない人のためのお金の話」。 

なるべく働きたくない人のためのお金の話

なるべく働きたくない人のためのお金の話

 

 

大原扁理さんが、どのようにお金と向き合って、ぶっちゃけ毎月いくらで、「なるべく働かずに」暮らしているのか?というのを記された本です。

 

おもしろかったです。おもしろかったから、いつもは図書館で済ませる私が、購入に至ったわけですが。

 

必要最低限で暮らし、余ったお金は回す 

これが、扁理さんの暮らし方です。

 

私、慎ましく暮らしている人って、必要最低限で暮らす方法を知っているから、余ったお金は、何かの時のために貯めているんだろうな、と思っていました。

 

だって、年収100万円くらいで暮らしていらっしゃるんですよ? 

年収90万円で東京ハッピーライフ

年収90万円で東京ハッピーライフ

 

 

ですが、余ったお金は回すんですって。貯めこまない。

 

必要最低限以上のお金が来てくれたなら、余剰ぶんは速やかに世界にお返しすること。 なぜかというと、お金が使われていない状態は、お金にとっても、この社会にとっても非常 にもったいないことだからです。使ってくれた人に直接でなくてもいいので、いつか 巡り 巡ってその人たちに還っていくように願って使う。もちろん、自分なりに「ひとりでも多く の人がハッピーになる」と思う方法で。

出典:大原扁理. なるべく働きたくない人のためのお金の話

 

 これは、同じように隠居生活をされている、phaさんも仰ってました。

 

僕自身もお金をもらうばかりじゃなく、自分よりもお金のなさそうな人や困ってる人や、こいつはヤバくて面白そうだと思った人などにはときどきお金を振り込んだり物を送ったりしている。僕も貧乏なので、五百円とか千円とかいった少額だけど。

 それはコンテンツとして僕自身が面白がるためというのもあるし、自分が率先してそういうことをすることで気軽にお金を振り込む行為が定着してほしいっていうのもある。明日は我が身。あと、ネットでお金をもらっている僕が、もらったお金の一部をまた他のニートにあげる、というサイクルが回っていくのは面白いと思うし。

 それと、これは根拠のないオカルト的なことだけど、人にお金を気軽にあげるようにしていると、回りまわって自分のところにそれ以上のものが戻ってくるような気がするというのもある。

出典:ネットでお金をもらった話 - pha著「ニートの歩き方」特設ページ

 

 ミニマリストのしぶさんは、貯金は60万円しかせず、余ったお金は、やはり「回す」とのこと。

 

ミニマリストになって生活費以外が余るようになったから、余剰金をどう使うかが最近の課題。

貯金して手元に眠らせてもしょうがないし、どんどん外に回していこう。

“投資”ではなく、応援したい人にお金を”回す”感覚でお金を使いたい。

お金は無くなってもOK、返って来たらラッキーくらいの気持ちで。

出典:60万円以上貯金しない理由 | ミニマリストしぶのブログ

 

収入が多い少ないにかかわらず、やっぱりお金って、回した方がいいんじゃないでしょうか。

 

必要最低限っていくらなんだろうか

「余剰金は回す」というのはわかったし、深く共感できる。でも、「必要最低限」っていくらなんでしょうね。

 

これは、しぶさんのブログにもありましたが、人によって違います。当たり前ですが。

 

「手取りの半年分」とか「年収の1年分」とか、その人によって考え方はさまざま。

 

だから正解もなくて、扁理さんが仰るように、地道に実験していったら、自分にとっての、適切な「必要最低限」の金額が分かるんだと思います。

 

って計算すると、私の場合は、万が一全く収入がなくなったとして、保険や年金なども支払うことができるようにしたいし、年金保険や親への仕送りもストップさせたくない。

 

そうなると、最低ラインは、17万円/月。

 

扁理さんや、しぶさんは、月6万円くらいで生活しているようなので、比べるとかなり高いですが、これが私の正解です。今のところ。

 

生活費の半年分を、「必要最低限」とした場合、17万円×6ヶ月=102万円。

 

ってことは、もっと、「回す」ほうに意識を向けてもいいような気がします。

 

自分のためだけじゃなく、より多くの人が喜ぶ使い方をする

これも良く言われていますね。「お金は喜ばれるように使う」のがいい、と。

 

だからといって、人に使うことばかり、、、というのは本末転倒なので、自分の望みを叶えてあげるのも大事。

 

扁理さんもしぶさんも、相当、旅に行っていて、扁理さんは、世界一周もしてるのね。

 

旅をするということにお金を使って、やりたいことやった先に、「人に回す」という境地に辿り着いたんじゃないかと思うんです。

 

だから、自分のやりたいことを犠牲にしてまで、「人に回す」ことを優先する必要はない。

 

「今は自分のために多く使いたい」ならそれもいいし、「自分と周りの人に、同じ分だけ使う」でもいいと思う。

 

私は、まず、自分のためには、世界を見に行くことに使う。

 

お金を使うことで経験が財産になる

だまってお金を寝かせておくよりも、お金を使って経験したことが、財産になっていきます。

 

そこから新たな仕事や仲間ができたり、本も書けるかもしれない。

 

お金のことって、考えても考えても、何が正解かわからないけれど、やっぱり使ったほうがいいみたいだ、と思った次第。

 

全部使い切れってことじゃないけどね。 

www.shimareiko.club

 

必要最低限は確保して、そのほかは回したらいいみたい、ってこと。

 

 

今日もいい一日でありますように☆彡

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 30代の生き方へ

スポンサーリンク